リウマチの症状に悩まされないために知りたい治療のこと

リウマチの症状に悩まされないために知りたい治療のこと

相談

免疫の異常が主な原因

免疫に異常が発生すると、手足の関節が腫れることがあります。それが、リウマチです。やがて骨と軟骨が破壊されると、歩行が難しくなり生活が困難となります。かかり始めは、体がだるい、食欲がない、熱があるなどがあり、改善が見られない場合は病院への受診をおすすめしています。一方、足がむくんだり、だるかったりする場合や、血管が浮き出ているなどの症状は下肢静脈瘤の可能性が高いです。放置しても命に別状はないですが、合併症を引き起こすことがあるため、こちらも信頼できる病院での治療が必要です。

医療

名医がいる病院の特徴

リウマチや下肢静脈瘤の治療を専門にする病院は、病気のことを一番理解しているため、高い治療効果が得られやすいです。また、下肢静脈瘤とリウマチの治療は大体が手術なので実績高めの病院がいいでしょう。日帰り手術が可能であれば、入院費の負担が減ります。リウマチの場合は、手術、薬以外にリハビリが必要なので、それができる病院だとなおいいでしょう。

ドクター

各病気の手術について

「リウマチ」
炎症が続いている場合は、滑膜切除術を行ない症状緩和を狙います。小さい穴をあけて行なう、切らない内視鏡手術が主流です。他にも、関節形成術、人工関節置換術、関節固定術といったやり方があり世田谷のクリニックでも採用されています。

「下肢静脈瘤」
静脈瘤の発生した箇所を高い位置で縛り、血液が逆流するのを防ぎます。この方法だけでは再発する恐れがあるため、ストリッピング手術を組み合わせます。日帰り手術の場合は、内側からレーザーを照射する手術です。一か所のみ針を通すので、痛みはほぼないに等しいでしょう。同じ特徴を持つ、ラジオ波を使う主手術も痛みが少ないうえに、皮下出血が少ないと評判です。

病気を知るために動脈と静脈の違いを知ろう

動脈の場合

心臓から全身に血を送るのが動脈です。人に必要が酸素が豊富に含まれているのも動脈なので、とても重要な血管といえます。

静脈の場合

動脈との大きな違いは、全身の血液を心臓に戻すかどうかです。静脈の場合、戻すのが仕事となるでしょう。また静脈血は、二酸化炭素を多く含んでいます。

広告募集中