空腹時血糖値が低いとは?血糖値について理解しよう

空腹時血糖値が低いとは?血糖値について理解しよう

医者

血糖値について理解しよう

生きるために欠かせないブドウ糖は、何かしらの原因で急激に少なくなります。この状態を低血糖といいます。60から70㎎以下である場合は注意が必要でしょう。また、普段から血糖値が高い場合でも、低血糖症の症状が出ることもあります。ちなみに空腹時血糖の基準時は75から110㎎となり、糖尿病かどうかの指数になります。この数値より低い、あるいは高い場合は要検査です。

ハート

低くなる原因

主な原因は、長い時間おおくの糖質を摂取したことで発症します。これにより、血糖値のコントロールが不可能となりすい臓が過剰に反応し、大量のインスリンを放出します。このようなサイクルを長く続けると、すい臓は疲れ果て次第にインスリンを出す量が少なくなります。結果、血糖値が下がらずそのまま糖尿病へと進行するのです。

病院

多くの人が受けている治療

現在人工透析を行なっている患者は、300人に一人と言われています。透析を受けることになった原因の一つは、糖尿病の合併症である糖尿病腎症です。急に尿が出にくくなることがあり、さらに症状が進むと尿毒症を患います。症状の悪化を防ぐためにも、好立地に佇むクリニックで治療を開始しましょう。東京にお住まいの方は、評判のクリニックをネットで探せますし、通院が楽です。

こういう症状が出たら低血糖に要注意!

  • 尋常ではない空腹感
  • 不安に襲われる
  • 発汗や動悸がある
  • 手足が震える
  • 唇がやけに乾燥する

広告募集中