鼠径ヘルニアになっても焦る必要なし!手術でよくなる

鼠径ヘルニアになっても焦る必要なし!手術でよくなる

聴診器

自然完治は望めない

重たい荷物を運ぶ機会が多い運送会社勤務の方は、鼠径ヘルニアになりやすいでしょう。足の付け根は腫れている、下腹部が重苦しいなどの症状がある場合は、腹腔鏡下ヘルニア修復術で簡単に治すことができます。

病院

入院期間はどのくらい?

鼠径ヘルニアの治療は、内視鏡を使うので術後の傷みを最小限に抑えられるのがメリットです。また、従来の治療に比べると負担が少ないため入院期間はわずか2~3日だけです。術後は、下腹部にツッパリ感が出ますが、時間の経過と共になくなります。しかし、手術をしても再発しやすいのが鼠径ヘルニアの悪いところなので、違和感が出た場合は再度受診しましょう。

鼠径ヘルニア&腹壁ヘルニアを徹底比較!

腹壁ヘルニアの特徴

腹壁の一部が辛勝し、腹腔内の腸管が脱出した状態を指します。このヘルニアは、手術をした後に起こる瘢痕ヘルニアがあり、とても厄介な症状です。

鼠径ヘルニアの特徴

鼠径ヘルニアは、体の一部に出る症状をいいます。腹壁ヘルニアとの大きな違いは、先天性かどうかであることです。鼠径ヘルニアの場合多くが後天性ですが、腹壁ヘルニアは先天性でなることもあります。


広告募集中